一棟マンションでの不動産投資を学ぶ

一棟マンションの不動産投資について説明しています

避けるべき一棟マンション

避けるべき一棟マンション マンション投資をする時に、避けるべき一棟マンションはピカピカで誰もが欲しがるような物件を高価格で購入してしまうことです。
一棟マンションとなるとかなりの高額になってしまうので、高い金額で買ってしまうとなかなか収益を出すことが難しいことになります。
投資において収益を出すことが最も大切なのは当たり前なのですが、ピカピカの新築のような物件を見てしまうと、高い初期費用が当然のように思えてしまいます。
投資をしたいと思えるぐらいにいい物件に見えるので、高い金額でないと不安にもなるという心理もあります。
ですが、一棟マンションの投資というのは冷静になって収益を考える必要があります。
ピカピカの一棟マンションは誰もが欲しいと考えますから、当然値段は高くなります。
すると、なかなか収益を上げる物件とはなりません。
収益があがるのかどうかは、初期費用と運用益との関係で決まるものです。
初期費用が高くなってしまうと、それだけ運用益を出さねばならなくなり投資としては難しいことになるのです。

一棟マンションでもワンルームでも新築はリスキー

一棟マンションでもワンルームでも新築はリスキー 一棟マンションでもワンルームでも新築はリスキーと言えます。
よく言われる理由は、新築は買ったその瞬間に中古となり価格が下落してしまうからというものです。
日本人は得てして新しいもの好きで、住宅にせよクルマにせよ一度人の手が入ったものは中古品として二線級の扱いを受けてしまいます。
これは逆に言うと新築はその本来の価値以上の値段が付けられている、付けても売れるということでもあります。
自分自身の価値観として新しいものを好むのはその人の自由ですが、事が投資となればもっと現実的に、ドライに物を考えるべきでしょう。
いずれ手放すときが来るかもしれないと考え、意味もなく高い値段が付けられている新築の一棟マンションには、少なくともマンション投資を初めて行うような人は手を出すべきではありません。
また、新築は世間一般でのその物件の評価がまだ定まっていないという意味でもまたリスキーと言えます。
もしかすると付けられた値段だけの価値がないと世間から評価されるかもしれないのです。